スタートダッシュ

集客できる税理士事務所のホームページを作る方法といえば、
節税・確定申告・記帳・決算・事業継承などなど検索する人が気になる「キーワード」に対して、いろいろな角度から解説した記事を量産してSEO対策!これが王道です。

SEO対策・・・ホームページの評価を上げるための様々な施策

ただ忘れてはならないのは、記事を量産しているその期間中も集客して売上をあげる必要があるということです。
そのためには、最初からある程度集客できるホームページを作らなければなりません。

物事には何でも”コツ“があります。
短時間で集客できるホームページを作るコツは、集客に役立つページだけをとにかく最初に作りこむことです。

では、集客に役立つページについて解説します。

意識するのは「信頼感」を出すこと

税理士の先生を決めるときに、サービス内容にこだわり じっくりと検討する人もいますが、なんとなくフィーリングで決める人も大勢います。
フィーリングで決める人は、その先生が信頼できるかどうかを基準にしています。

ですので、サービスの質の高さをホームページで必死に訴えても、信頼感が伴わなければ集客できないことは多々あります。

信頼感を出すために必要なページは以下の6つです。

① 先生の顔が掲載されているトップページ

実例で紹介します。
大阪市北区の みんなの会計事務所 のホームページがたいへん参考になります。

みんなの会計事務所

一目見ただけで、信頼を得られるデザインになっています。
わざとらしい笑顔や、顧客と握手をしている写真などは必要ありません。このように自然体の写真の方が誠実で信頼できます。

ダメなトップページの例は、事務所の内観の写真だったり、以下のような商材写真を使うことです。

税理士の先生のイメージ

見た目が良いからといって商材写真を使っては、かえって信頼感がなくなります。
必ず先生ご自身の写真を使ってください。

② お客様の声

ネットでサービスを探すときは、口コミ情報や他者の評価を参考にする人が多いです。
長くお付き合いしている顧客にアンケートに答えてもらう形で意見を求めれば、お客様の声ページの内容が集まります。

顧客の方の写真を掲載するのはハードルが高いので、このページは写真なしでもOKです。
参考↓ みんなの会計事務所 のお客様の声ページ

お客様の声 例1

もし、顧客の方の写真掲載が可能ならば 先生と顧客の方が一緒に写った写真がおすすめです。
参考↓ 税理士法人T-FRONT(名古屋市)のお客様の声ページ

お客様の声 例2

③ 料金メニュー

やはり料金は気になる項目ですので、できるだけ分かりやすく詳細に表示しましょう。
案件によって料金が異なってくるのはわかりますが、それでも〇〇円~〇〇〇円のような書き方で必ず案内するべきです。

間違っても「お問い合わせください」の一文で終わってはいけません。

良い例 ↓ アイリス税理士法人(東京都品川区・福岡市中央区) の料金一覧

料金表の参考例

このように表を使ってまとめると見やすいです。
料金は皆が気になるところなので、文字数が多くなってもちゃんと見てくれます。
イメージ写真を使ったり、無理やりコンパクトにまとめる必要はないと思います。

④ スタッフ紹介

スタッフ紹介は「信頼感」プラス「親近感」を生み出します。
税理士の先生一人だけの事務所の場合は、プロフィールページを作ってください。

良い例 ↓ 10to1 テントゥーワン(大阪市・和歌山市の税理士法人)のスタッフ紹介

税理士事務所のスタッフ紹介

出身地や主な経歴などを載せれば、同郷の人や同学の人が親近感を覚えます。
趣味なども載せれば人柄がわかるのでいいかもしれません。

⑤ 業務内容・サービス内容

これも当然なければならないページです。

税に関わる業務なら何でもできるから不要!という先生もおられるかもしれませんが、
税のシロウトである顧客は、業務内容が明らかでない場合「この先生は資産相続に対応してくれるのだろうか?」といった感じで不安になります。

業務内容はどうしても難しい言葉が並びがちになるので、イメージ画像も添えて案内すると読みやすくなります。

良い例 ↓ 名古屋総合税理士法人 の業務内容

税理士法人の業務内容

⑥ よくある質問

契約前の顧客がよく問い合わせてくる内容を普段から記録しておき、その内容をQ&A方式でよくある質問ページに掲載します。

余計な問い合わせを減らす効果もありますし、どんな細かい疑問にも丁寧に答えている姿勢がより信頼感を増します。
あまり労力をかけなくても作れるページなのでオススメです。

良い例 ↓ たかおかひでき税理士事務所(大阪府枚方市)のよくある質問ページ

税理士事務所のよくある質問

最短で作った後はどうするか

上記の6ページが作り終わったら、次は外部の税理士検索サイトから見込み客を誘導します。
これは無料で行えます。
詳しくは、「税理士の先生に朗報!無料で集客できる便利すぎるサイト5選」をお読みください。

重要な6ページを作る ⇒ 税理士検索サイトに登録する まで終わったら、時間がある時に質の高い記事を作りSEO対策を継続します。
そうすることで、先生のホームページが自力で集客するようになっていきます。